Top > 面接とSPI適性検査、その対策

面接とSPI適性検査、その対策

面接や採用試験の対策は、就職・転職活動をする人にとってはとても切実な問題。特に高度経済成長期以降は、「サラリーマン」の数の爆発的増加もあって、面接や採用試験に関するいろいろなノウハウが伝えられてきました。<br>
面接の対策としては、やはり「第一印象」重視でしょうか。面接は人事担当者と初めて直接対面する場であるだけでなく、相手が自分を「値踏み」する場でもありますから、よほど度胸が座っている人でない限りは、緊張して当然。そこで面接では、口先だけでうまいことを言うよりは、自分の誠実さが伝わることに重点を絞ったほうがいい結果が出るようです。ただし、身だしなみや言葉遣いは基本中の基本ということはお忘れなく。<br>
採用試験に関しては、「適性検査」「適職検査」「能力検査」といったものを利用している企業も多いです。特にリクルートの「SPI適性検査」は、日本を代表する適職検査と言え、多くの企業で採用されています。<br>
以下、SPI適性検査を例にとって説明すると――SPI適性検査は、主に性格と能力を判定するもの。SPI適性検査は、面接では把握しきれない求職者のデータを取得するための大切な検査です。SPI適性検査によって、採用不採用が決まるといっても過言ではありません。よって受検者は、SPI適性検査を「単なる性格判断」などと考えず、真剣に向き合うようにしたいものですね。

 

 美容 整形 鼻  美容 整形 二重まぶた  通販 出産準備  通販 妊婦  通販 子供服
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
SPI適性検査とは(2009年5月27日)
SPI適性検査の特徴(2009年5月27日)
面接とSPI適性検査(2009年5月27日)
面接とSPI適性検査、その対策(2009年5月27日)