Top > 面接とSPI適性検査

面接とSPI適性検査

就職活動において最も気になることの一つに、面接と採用試験があるのではないでしょうか。<br>
どの企業の人事担当者も、採用の際は、限られた時間で応募者の性格・能力を判断しなくてはなりません。よって、就職活動においては、面接と採用試験でいかに自分をアピールするかが決め手となることは言うまでもないことでしょう。<br>
面接では、人事担当者と直接対面することになりますから、相手に与える印象がとても大切になってきます。面接では挨拶や身だしなみ、言葉遣いといった基本的なことを押さえることに加え、伝えたいことをしっかり伝えることが大切になってきます。一方採用試験では、企業が求めるスキル・資質を自分が持っているということを証明する作業ということになります。<br>
採用試験は企業によって様々ですが、リクルートの「SPI適性検査」がよく知られています。このSPI適性検査は、その人材の資質を性格面と能力面から総合的に判断するための検査。面接に加えてSPI適性検査を適用することによって、企業側はその人材の詳細を見極めるためのデータを揃えることができます。面接も大切ですが、SPI適性検査も採用の決め手の一つとなりますので、その点は心して臨むといいでしょう。<br>
ただし、採用されたいがあまり、SPI適性検査のような適性検査でウソの回答を書くと、採用後に仕事や環境に馴染めずに苦しむことにもなりかねませんから、正直に回答することが大切です。

 

 通販 赤ちゃん用品  通販 コンタクトレンズ  通販 下着  通販 家具  通販 化粧品
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
SPI適性検査とは(2009年5月27日)
SPI適性検査の特徴(2009年5月27日)
面接とSPI適性検査(2009年5月27日)
面接とSPI適性検査、その対策(2009年5月27日)